阪神 ロハス実戦2戦目は1打数無安打1四球 来日後初の左翼守備もこなす

[ 2021年4月22日 15:34 ]

ウエスタン・リーグ   ソフトバンク―阪神 ( 2021年4月22日    鳴尾浜 )

阪神のメル・ロハス・ジュニア
Photo By スポニチ

 阪神の新助っ人、メル・ロハス・ジュニア外野手(30)の実戦2試合目は1打数無安打1四球だった。

 「3番・左翼」でスタメン出場。初回2死で迎えた1打席目は1ストライクから武田の145キロにバットを折られ、二ゴロ。一塁ベース上で苦笑いを浮かべた。続く4回先頭の第2打席は武田の制球が定まらず、ストレートの四球。その後小野寺の左越え本塁打でホームを踏んだ。

 来日後初めて就いた左翼守備では、2回に野村のフライをランニングキャッチするなど4度の打球処理を無難にこなした。6回の守備からベンチに退き、2度目の実戦を終えた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月22日のニュース