適時打デビューの阪神・ロハス 「思っていたより状態も良かった」 ストライクゾーンも確認し準備着々

[ 2021年4月22日 05:30 ]

ウエスタン・リーグ   阪神8-10ソフトバンク ( 2021年4月21日    鳴尾浜 )

5回、2点適時二塁打打を放ち、天を指さす阪神 メル・ロハス・ジュニア=鳴尾浜(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 阪神の新外国人、メル・ロハス・ジュニア外野手(30)が21日のウエスタン・リーグのソフトバンク戦で実戦初出場。「3番・DH」で先発し3打席目となった5回1死満塁で“来日初安打”となる右中間突破の2点二塁打を放った。助っ人野手陣が好調な中で、また楽しみが増えるデビュー戦となった。

 派手な一発こそ出なかったが、次に期待を抱かせるには十分な内容だった。前2打席三振で迎えた5回1死満塁の第3打席。新助っ人のロハスが、あいさつ代わりの打棒を披露した。左打席に入り2ボールから育成右腕・中村亮の高め速球を振り抜いた一撃はワンバウンドで右中間フェンスに到達する2点二塁打となった。

 「素直に打点を稼げたことはうれしかった。今日の目的はたくさん投手の球を見ること。2三振したけど、しっかり見ることができた。思っていたより状態も良かったので、いい確認ができたかな」

 来日初打席は初回1死一塁で回ってきた。17年に最多勝のタイトルを獲得するなど通算49勝を誇る東浜と対峙(たいじ)。外角中心の攻めに対し2球目の146キロをファーストスイングしファウル。フルカウントまで粘り7球目の外角144キロを見逃したが、ストライクゾーンを確認したようにも見えた。4回1死ではスライダーやカットボールなどをファウル。最後、8球目のシンカーにバットが空を切ったが選球眼の良さを感じさせた。

 平田2軍監督は3打席を振り返り「(安打は)ちょっと打ち損じたみたいなことは言っていた。(東浜の球を見られたことに)これは大きい。いい投手を見られたのは非常に良かった」と意味ある初実戦を強調した。

 22日の同戦にも出場予定で、状態次第で守備に就く可能性もある。「投手の球を見れば見るほど自分の状態が上がっていく。たくさん見ることで、1軍に上がれる準備が整うと思う」。好調なチームにさらなる力を与えるべく、韓国の2冠王が慌てることなくステップアップする。(須田 麻祐子)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月22日のニュース