巨人・畠、粘投2勝 初回2被弾も“大山神話”封じ、近大の後輩・輝も封じた

[ 2021年4月22日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人3―2阪神 ( 2021年4月21日    東京D )

<巨・神>6回1死一塁、サンズを三振に打ち取り、吠える畠 (撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 先制すれば16連勝。本塁打が出れば13連勝。巨人・畠は初回、近本に先頭弾を浴び、わずか3球で阪神の「不敗神話」を2つも発動させてしまった。3番マルテにも被弾。それでも、大山が打点を挙げれば19連勝という3つ目の「神話」だけは発動させなかった。

 「点を取られたらズルズル取られてしまうことが多かったが、今回は粘れた」。

 最大のピンチは1―2で迎えた3回だった。先頭の2番・糸原に三塁打を許し、前日3人で5発の中軸を迎えた。

 「低めをしっかり投げることを意識した」。

 マルテ、大山に得意のカットボールを外角に投げ込み、いずれも三ゴロで三塁走者をくぎ付けに。5番サンズには150キロ直球で空振り三振。原監督も「あれが非常に圧巻だった。本人もあの心技体というのを忘れてほしくないよね」と目を細めた。

 4回からは走者なしでもセットポジションに変えたことで投球が安定し、2回以降は無失点で逆転勝ちを呼び込んだ。「勝負の世界なので何としても抑えてやろう」と、近大の後輩にあたる新人・佐藤輝も3打数無安打2三振に封じ込んだ。

 6回2失点で2勝目。「自分自身も凄い自信になった」と阪神の勢いを止めた右腕がチームを勢いに乗せる。(小野寺 大)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月22日のニュース