中畑清氏 これが4番だよ!「伝統の一戦」はこんな主役がいてこそ盛り上がる

[ 2021年4月22日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人3―2阪神 ( 2021年4月21日    東京D )

<巨・神>4回2打席連続となる左中間同点ソロホームランを放つ岡本(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 【中畑清 視点】これが4番だよ。2点の先制を許したあとの2回の打席。初球、インローに流れ落ちるシュート。見事にすくい上げて左中間スタンドへ。嫌な流れを払いのけた。

 昨季本塁打、打点の2冠に輝きながら今季は不振が続いていた主砲。前日、2発放った阪神の4番、大山に触発されたのかな。4回にも同じ球をまたもや左中間へ。「柳の下に…」の2発目で追いついた。

 今季先制した試合は16連勝していた阪神に先制を許し、そのまま負けたら、その差が5ゲームになっていた一戦。シーズン序盤とはいえ、その勢いを止めた2発はさすが4番の重みがある。

 開幕からもがき苦しんでいた中で、ようやくひとつになった気持ちと体。新外国人選手が加わって来ても「巨人の4番は岡本和」と強烈にアピールした。畠の力投も生かしたな。巨人と阪神。「伝統の一戦」はこんな主役がいてこそ盛り上がるんだよね。(スポニチ本紙評論家)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月22日のニュース