広島・栗林 球団新人初となる10戦連続無失点 「本塁打をケアしながらの投球はできた」

[ 2021年4月22日 05:30 ]

セ・リーグ   広島1-1ヤクルト ( 2021年4月21日    マツダ )

<広・ヤ(5)>9回2死、代打・川端を三振に仕留めジャンプして吠える栗林 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島ドラフト1位の栗林がデビューからの連続無失点を10試合に伸ばした。

 同点の9回に登板。青木を空振り三振に仕留め、塩見は遊ゴロ、代打・川端も空振り三振に斬り「本塁打をケアしながらの投球はできた」と満足そうに振り返った。

 ドラフト制以降の新人のデビューからの連続試合無失点記録は19年の甲斐野(ソ)の13試合。栗林は2位タイで広島では初めてだ。「超えたい気持ちはあるけど、チームの勝利が一番。2点差なら1点OKと考え、勝てる投球ができたらいい」と力を込めた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月22日のニュース