DeNAドラ1・入江 遠いプロ初勝利…「調子は悪くなかった」も4回5失点で4敗目 チームは9連敗

[ 2021年4月22日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA1-7中日 ( 2021年4月21日    横浜 )

<D・中>4回5失点で降板する入江(撮影・島崎 忠彦)
Photo By スポニチ

 先発のDeNAドラフト1位・入江が4回5失点で4敗目を喫した。プロ初白星は遠く「調子は悪くなかった。4回は球が高く集まり反省点です」と話した。

 プロ初登板から全て黒星がつき、防御率7.85。三浦監督は「球自体は強いものもある」とし先発から外すことについて明言を避けた。得点はオースティンの左中間1号ソロのみ。9連敗(2分け挟む)は19年4月以来2年ぶりで借金13に膨らみ、指揮官は「ファンには申し訳ない」と謝罪した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月22日のニュース