西武・高橋 5回無失点「落ち着いて投げられた」自身初の開幕投手へ向け万全 

[ 2021年3月5日 05:30 ]

オープン戦   西武6-1日本ハム ( 2021年3月4日    札幌ドーム )

<日・西>力投する先発の高橋(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 自身初の開幕投手を務める西武・高橋が先発し、5回を5安打無失点。初回先頭の渡辺を四球で歩かせたが「その後は落ち着いて投げられた」と安どした。

 「普段はあまり使わない」という120キロ台のカーブを多投。初回1死一塁で西川を中飛に打ち取り「1球でアウトを取れますし、低めに制球できたらまた幅も広がるんじゃないかと。凄くいい収穫でした」と満足そうに話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月5日のニュース