巨人1号!広岡 トレード会見翌日に古巣ヤクルト撃ち、原監督助言に一発回答

[ 2021年3月5日 05:30 ]

オープン戦   巨人3ー2ヤクルト ( 2021年3月4日    東京D )

<巨・ヤ>6回、左越えにソロ本塁打を放つ広岡。投手は石山(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 巨人は4日、ヤクルトとのオープン戦で勝利。1日にトレードで加入したばかりの広岡大志内野手(23)が6回に古巣から左翼席上段に移籍1号を放った。主に遊撃を守る強打の内野手で、「ポスト・坂本」として期待される若武者が豪快弾でアピールした。

 上が小さく、下は大きいユニホーム。1日にトレードでヤクルトから加入したばかりだから仕方ない。広岡は「まだ自分のサイズが届いてない」と苦笑い。それでもDHで出場した坂本に代わり遊撃で初先発し、豪快弾を披露した。

 「昨日も2打席で2三振したので、絶対打ったろうと思って打席に入りました」

 キャンプでともに汗を流した古巣に豪快な恩返しだ。6回。マウンドには守護神の石山がいた。1ボール1ストライクから144キロ直球を強振。「ヤクルトで一番最後を任されているピッチャー。打てたのは良かった。良い感触でした」。移籍初安打でもある一発は左翼席上段で弾んだ。

 1日に移籍が発表され、3日に入団会見を行い、そのまま同戦に出場。途中出場で2三振だった。この日の打撃練習では足を上げる打撃フォームを見た原監督に「ワンステップ入れて打ちにいった方がいいんじゃないか?」と助言を受けて実践。「あまり大きい動きにならないので、少し無駄が省けていると思う」と一発回答した。

 智弁学園の1学年上の先輩・岡本和と組んだ三遊間は「(智弁学園では)僕がサードで岡本さんがファーストの時が多かったので、どっちかというと新鮮でした」と笑う。「話すのが苦手」というが試合前の円陣では声出しも担当し「元木さんがいじってくれたので声は出せた。どんどん積極的にやっていきたい」と目を輝かせる。

 原監督は「吉川、北村との二塁争いに加わった」と期待を寄せた。「どこのポジションでもできるようにしっかり準備したい」と広岡。長打が魅力の23歳が、新天地で輝きを増している。(小野寺 大)

 ◆広岡 大志(ひろおか・たいし)1997年(平9)4月9日生まれ、大阪府出身の23歳。智弁学園では2年時に春夏連続甲子園出場。15年ドラフト2位でヤクルト入団。1年目の16年9月29日のDeNA戦、三浦大輔(現DeNA監督)の引退試合でセ・リーグ高卒新人56年ぶりの初打席初アーチを記録。3月1日に田口とのトレードで巨人移籍。1メートル83、81キロ。右投げ右打ち。

 《巨人1軍の「広岡」は達朗以来55年ぶり》1軍公式戦に出場したことがある広岡姓の選手は大志以外には広岡富夫(広=52~59年)と広岡達朗(巨=54~66年)の兄弟がいるだけ。達朗は54年に新人王、ベストナインに輝くなど遊撃手として活躍、監督としてもヤクルト、西武を日本一に導いている。

 ▼巨人・岡本(智弁学園の1年後輩の広岡が移籍後初本塁打)うれしかった。自分自身もしっかり頑張りたい。

 ▼巨人・大城(3回に追加点となる右前適時打)自分の中でも結構いい感じに打てた。タイムリーになったことがよかった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月5日のニュース