オリックス 3失策が全5失点に絡む敗戦 中嶋監督「同じことをしていたら試合に出られない」

[ 2021年3月5日 16:50 ]

オープン戦   オリックス1ー5DeNA ( 2021年3月5日    横浜 )

<オープン戦D・オ1>試合開始直前スタメンを変更する中嶋監督(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 オリックスは守備の乱れが敗戦に直結した。2回1死無走者で、細川のゴロを三塁・福田が後逸。その後、四球を挟んで先発・山本が、嶺井に先制3ランを被弾。7回1死一塁では、一塁走者の二盗阻止を図った捕手・頓宮が二塁悪送球で三塁まで進まれ、戸柱に中前適時打。8回2死満塁では桑原の打球を遊撃・紅林がファンブルする適時失策で、3失策が全5失点を招いた。

 中嶋監督は「まあ、そういうところですよね。誰もしたくて、やっているわけではないんだけど、精度を上げていくだけ。同じことをしていたら試合に出られないということ。本人たちが1番よく分かっていると思う。明日以降、どう修正するか。それだけです」と奮起を期待した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月5日のニュース