プロ注目の法大・三浦銀二 DeNA2軍相手に4回1失点 9球団23人のスカウト集結

[ 2021年3月5日 17:07 ]

法大の三浦銀二投手
Photo By スポニチ

 東京六大学野球リーグの法大が5日、横須賀スタジアムでDeNAの2軍とオープン戦を行い、0―1で敗れた。

 主将で最速150キロ右腕の三浦銀二投手は先発し、4回1安打1失点の好投を見せた。初回はDeNAの2番・山本に左越えソロを被弾するも、2回以降は立ち直り、最速は148キロを計測した直球にカーブ、スライダーなど多彩な変化球を組み合わせ7奪三振。「自信にしていきたい」と笑顔を見せた。9球団23人のスカウトが視察し、ソフトバンクの永井智浩スカウト部長は「どの球種も制球できていた。ピッチングを知っている投手」と地元・福岡大大濠出身の右腕に高評価を与えた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月5日のニュース