ヤクルト・小川、試行錯誤の82球 予定より早く降板「課題見つかった」3回2/3を7安打2失点

[ 2021年3月5日 05:30 ]

オープン戦   ヤクルト2ー3巨人 ( 2021年3月4日    東京D )

<巨・ヤ>ヤクルト先発の小川(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 2年ぶり5度目の開幕投手を務めることが決まっているヤクルトの小川は、3回2/3を7安打2失点(自責1)で降板。4イニングを予定も球数82で途中交代となった。投球フォームを微調整するなど試行錯誤を続けており「新しく課題も見つかりましたし、開幕に向けてつぶしていきたい」と前向き。

 高津監督も「球数も多く、打たれたヒットも多かった」としながら「まずまずだったんじゃないでしょうか」と全体的には及第点を与えた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月5日のニュース