DeNA・牧「スラムダンク」でオープン戦初打席初安打

[ 2021年3月5日 13:38 ]

オープン戦   DeNA―オリックス ( 2021年3月5日    横浜 )

<オープン戦D・オ1>初回2死、中前打を放つ牧(撮影・島崎 忠彦)
Photo By スポニチ

 ドラフト2位ルーキーの牧秀悟(中大)が「3番・一塁」で先発し、初回2死から相手先発・山本由伸投手の初球の151キロのカットボールを中前に運んだ。

 新人が打席登場曲に選んだのは人気アニメ「スラムダンク」でのエンディングテーマとしても使用されたWANDSの「世界が終わるまでは…」。

 アニメの中では“牧”紳一(海南大付3年)が、県下No.1プレーヤーで、「帝王」と称賛される物語の重要人物として登場する。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月5日のニュース