中日・根尾“321勝にも負けん” 6日は涌井、田中将が相手「同じぐらいの気持ちで入っていきたい」

[ 2021年3月5日 14:14 ]

<中日練習>栗原打撃コーチ(右)と話す根尾(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日・根尾は大投手に気後れしないことを誓った。

 6日の楽天とのオープン戦(バンテリンドーム)は左翼で先発出場する。相手先発は涌井、さらに2番手で田中将が登板予定で、合わせて321勝の大投手2人と対戦することとなる。

 「お二方とも球界を代表する投手なのは間違いない」と敬意を示した上で「ただ、自分で相手を持ち上げすぎないように。同じぐらいの気持ちで入っていきたい」とプロ野球という同じ土俵に立っているからこそ、気後れせず打席に入る。

 それでも開幕1軍、さらには開幕スタメンを狙うだけに「凄い投手なのは間違いない。打ったら評価が上がる」と野心もチラリ。両投手を打てば絶好のアピールとなるだけに、全力でぶつかる覚悟だ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月5日のニュース