強い阪神がOP戦白星発進!投打の歯車がかみ合い、敵地で「日本一」ソフトバンク圧倒

[ 2021年3月5日 19:56 ]

オープン戦   阪神4ー0ソフトバンク ( 2021年3月5日    ペイペイドーム )

<ソ・神>勝利し、ナインを迎える阪神・矢野監督(左から4人目)(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 阪神はオープン戦を白星発進した。開幕投手が確定している石川から初回に佐藤輝がソロ、2回にもサンズがソロを放ちリードを広げると、9回にも岩崎を攻めて高山の犠飛と中谷の適時打で4―0とした。

 投手陣もキャンプ後半をぜんそくの症状で離脱していた西勇が復帰して2回無失点、2番手の藤浪も最速158キロの速球を武器に4回無失点で先発ローテーションに期待される両右腕が結果を出した。昨年まで4年連続日本一軍団を無失点に抑えた矢野監督は「西も藤浪も四球はあったけど結果的には抑えている」とニンマリだった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月5日のニュース