キャンプ途中離脱の阪神・西勇 2回無失点で開幕へ再スタート!

[ 2021年3月5日 16:57 ]

オープン戦   阪神―ソフトバンク ( 2021年3月5日    ペイペイドーム )

<オープン戦 ソ・神> 阪神先発・西勇輝(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 ぜん息の検査でキャンプを途中離脱した阪神の大黒柱・西勇がオープン戦初登板、初先発を果たした。4年連続日本一のソフトバンク打線を相手に2回1安打無失点。影響を感じさせない投球を展開した。初回に2四球などで2死満塁のピンチを背負ったが、松田をシュートで遊飛に封じた。2回も四球を与えた1死二塁から川瀬空振り三振、周東を左飛に片付けた。

 キャンプ前から開幕投手が内定していた西勇だが、ぜんそくの症状のため2月23日に沖縄から帰阪。沖縄での実戦登板予定も流れ、3日に合流した甲子園で9日ぶりにブルペンに入ったばかりだった。「これからシーズンに向けて焦ることなく、マイペースでやっていきたい」と語り、ソフトバンク戦に照準を合わせていた。3四球など課題は残ったが、「もともと大きな離脱ではない」と強調していた矢野監督も、開幕への道筋が見えただけに胸をなで下ろした。
 

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月5日のニュース