巨人・菅野 “桑田カーブ”に手応え3回2安打零封 奪三振の「軸になる」

[ 2021年3月5日 05:30 ]

オープン戦   巨人3ー2ヤクルト ( 2021年3月4日    東京D )

<巨・ヤ>2回、浜田を空振り三振に打ち取った菅野(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 巨人は4日、ヤクルトとのオープン戦で勝利。開幕投手が決まっている菅野智之投手(31)は先発し、カーブで2三振を奪うなど3回2安打無失点と好投した。

 キャンプから磨いてきたカーブがさえた。開幕投手でもある菅野は今季2度目の実戦登板で、3・26開幕の舞台でもあるマウンドで3回2安打無失点。奪った三振はいずれもカーブで奪って「勝負できるボールと感じた。キャンプ中も手応えを感じていたので、軸になっていくかなと考えています」とうなずいた。

 昨季の131奪三振中、カーブで奪ったのは7個だけ。2回2死一、三塁では浜田にフルカウントから外角低めで、3回1死では太田を真ん中低めで、いずれも空を切らせた。キャンプ序盤はブルペンで直球とカーブのみで調整。現役時代にカーブを得意とした新任の桑田投手チーフコーチ補佐から助言を受けながら精度を高め、その成果を示した。

 この日は9アウト中5アウトをゴロで打ち取り「ゴロを打たせて、長打のリスクを減らすのも大事。シーズン中もこういう投球を続けていけるように」と納得顔。4年連続7度目の開幕投手に指名されている絶対的なエースが、順調に歩を進めている。(田中 健人)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月5日のニュース