ヤンキース・ブーン監督 心臓手術で一時チーム離脱「立ちくらみなどの症状があった」

[ 2021年3月5日 02:30 ]

ヤンキースのアーロン・ブーン監督(AP)
Photo By AP

 ヤンキースのアーロン・ブーン監督が心臓のペースメーカー装着手術を受けるため、一時的にチームを離れたと発表した。

 09年に心臓手術を受けている同監督は「過去6~8週間は立ちくらみや息切れなどの軽い症状があった」と明かした。ブライアン・キャッシュマンGMによれば、早ければ2、3日中に復帰できる見通しだという。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月5日のニュース