中日 開幕投手は福谷に決定 練習後に与田監督から通達「本人はちょっとびっくりしていた」

[ 2021年3月5日 13:35 ]

<中日練習>キャッチボールでリラックスした表情をみせる福谷(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日・福谷浩司投手(30)が5日、自身初の開幕投手を務めることが決定した。

 バンテリンドームで練習を行った同日、与田監督が26日の広島戦(マツダ)の先発を託すことを発表。「体の仕上がり具合が一番の決め手。本人はちょっとびっくりしていた。去年以上に1年間ローテーションを守ること、安定感が欲しい」と初の大役を任せる右腕に期待を寄せた。

 福谷は入団当時は救援投手だったが、19年から先発に本格転向。昨季は14試合に登板し、大野雄に次ぐ8勝をマークするなど、ローテーションを支えた。

 さらに、福谷は昨季、広島戦3試合に登板し2勝無敗、防御率0・47と抜群の相性を誇っている。指揮官は対戦チームとの相性で開幕投手を決めないとしていたものの、有利な数字を残しているのも明らかだ。

 一方、開幕投手の最有力だった昨季の沢村賞・大野雄については「準備が間に合わない。間に合わせようとさせてはいけない」と指揮官。

 キャンプからスロー調整だったこともあり「焦って準備させて、1年棒に振ることの方がチームにとって大打撃」と大役よりもまずは1年間、シーズンを戦い抜く準備を優先させたい方針を明かした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月5日のニュース