阪神・マルテが41日ぶりの実戦復帰

[ 2020年9月18日 14:34 ]

ウエスタン・リーグ   阪神―中日 ( 2020年9月18日    甲子園 )

<ウエスタン 神・中> 5回2死一、二塁、マルテは左飛に倒れる(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 左ふくらはぎ痛で2軍調整中の阪神・マルテが「3番・DH」で8月8日ウエスタン・リーグ、広島戦以来、41日ぶりとなる実戦復帰を果たした。

 初回2死の第1打席は、相手先発・鈴木翔の初球、内角高めの148キロを振り抜いて遊ゴロ。0―0の3回2死満塁で迎えた第2打席は、カウント2ボールから内寄りの146キロを打ち損じ、遊ゴロ二塁封殺に倒れた。

 当初は2打席に立つ予定だったが、1点優勢の5回2死一、二塁では第3打席に立った。カウント2―2から2番手・浜田の外角131キロを左翼へ運んだが、フライに打ち取られ、3打数無安打。復帰後初安打とはならなかった。

 今季、1軍では13試合に出場し45打数13安打で打率・289、2本塁打、5打点と好調を示していただけに、再昇格が期待される。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月18日のニュース