阪神・能見が2軍降格後初登板

[ 2020年9月18日 15:23 ]

ウエスタン・リーグ   阪神―中日 ( 2020年9月18日    甲子園 )

<ウエスタン 神・中>8回に登板して1イニングを無失点に抑えた能見は笑顔でベンチに引き揚げる(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 2軍調整中の阪神・能見が降格後初のマウンドに立った。

 8回から2番手で登板し、1安打1奪三振で無失点に抑えた。

 先頭の石橋を落ちる変化球で空振り三振に取ると、続く滝野をニゴロ。渡辺には中前打を許すも、三ツ俣を左飛に打ち取った。

 1軍では、22試合に登板し防御率5・74。11日に出場選手登録を抹消されていた。2軍戦で結果を残し、再昇格を目指す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月18日のニュース