西武・森が2連続失策…辻監督「ちょっと今は病んでいるかな」4番・山川は4三振

[ 2020年9月18日 05:30 ]

パ・リーグ   西武1―8ロッテ ( 2020年9月17日    メットライフ )

<西・ロ>2回、菅野の送りバントの打球をファンブルする森(右)、左は内海(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 4試合ぶり先発マスクの西武・森が2連続失策を犯し、本拠地初勝利を狙った内海の足を引っ張った。0―0の2回無死二塁で、菅野のバントをお手玉。さらに無死一、二塁で岡のバントを三塁へ悪送球し、先制を許した。バットでも4打数無安打。

 4連勝を逃した。辻監督は森について「2回の守備は慌てていた。ちょっと今は病んでいるかなとも思う。でも、あいつは打線にも必要だし」と渋い表情。また、4三振の4番・山川には「(打順など)いろいろ考えないといけない」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月18日のニュース