オリックス 95年復刻ユニ着用も神戸3連勝ならず 先発転向2戦目の増井4回3失点

[ 2020年9月18日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス4-5楽天 ( 2020年9月17日    ほっともっと神戸 )

<オ・楽15>4回1死一、二塁、渡辺佳の適時打で追加点を許す増井(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 オリックスは、ブルーウェーブの95年復刻ユニホーム着用での神戸3連勝はならなかった。

 2―5の8回にT―岡田が代打本塁打を放ち9回は敵失で1点差。なおも2死満塁と攻めたが杉本が一邪飛に倒れた。中嶋監督代行は「いいところまでいっても負けは負け。追い越していけるようにしたい」と悔しがった。

 先発転向2戦目の増井は4回3失点で敗戦投手。「カーブを本塁打されてから変化球を低めに投げようと意識し過ぎて、悪循環になってしまった」と3回の田中の2ランを悔やんだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月18日のニュース