阪神・ボーア 東京D初本塁打を“福留コーチ”に感謝 サンズも東京D初打点

[ 2020年9月18日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神11-0巨人 ( 2020年9月17日    東京ドーム )

<巨・神(16)>7回1死、ソロ本塁打を放ち、試合前にアドバイスを受けた福留(右)と笑顔でグータッチを交わすボーア(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 助っ人コンビも敵地でたまりにたまっていた鬱憤(うっぷん)を晴らした。そろって東京ドームで初打点を挙げ大勝を呼んだ。

 まずは阪神・サンズだ。2回2死一、二塁で12球団No・1の得点圏打率を誇る男が巨人先発・サンチェスの148キロを詰まりながらも中前に落とした。二塁から梅野が生還し、丸の悪送球も絡んで一塁走者の糸原も生還。相手右腕とは韓国リーグ2年間で2本塁打を含め9打数5安打。日本に来ても相性の良さは変わらず、東京ドーム6試合22打席目にして初の適時打となった。

 「みんながいい形でつないでくれたから、なんとか還したいと思っていた」

 サンズに続けてボーアも打った。6点リードの7回1死、桜井の148キロ直球を一閃(いっせん)した打球は右中間席に着弾。「本当に感触は良かった。やっとという感じはあるね」。8月26日中日戦以来、19試合71打席ぶりにかけた13号アーチは、東京ドームでは9試合35打席目での初本塁打でもあった。

 試合前練習で、福留に助言を求め5分以上言葉を交わした。「チームメートから何か意見を得たいなと思っていて、一番、選手の動向をみている福留選手に聞いてみたいと思った」。春季キャンプ時と現在の打席との違いを教えてもらったと明かし「彼の意見を聞いて、すごく助けになった」と感謝した。

 矢野監督も「ボーア自身が試合を決めるような、そういう場面での打点、ホームランをどんどん増やしてくれるとチームはもっと上にいくと思う」と、活躍を期待する。「残りの試合もまだあるから、チームとして、この勢いをつなげていけたらいい」とボーア。まだシーズンは終わっていない。可能性がある限り、戦う姿勢は決して失わない。(阪井 日向)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月18日のニュース