ロッテ・井口監督 4回途中6失点の中村稔に「攻めた投球ができなかった」

[ 2020年9月18日 22:26 ]

パ・リーグ   ロッテ3―7日本ハム ( 2020年9月18日    札幌D )

<日・ロ>力投するロッテ先発投手・中村稔(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 ロッテは先発の中村稔が3回2/3を6安打6失点で今季3敗目。打線も初回に安田の中前適時打で先制し、3回に佐藤の右適時二塁打で3点リードしたが、その裏に逆転されるとその後は1点も奪えず敗れた。

 ▼ロッテ・井口監督 (中村稔は)自分の投球がまったくできなかった。攻めた投球ができなかった。変化球もストライクが取れないし、ストライクとボールがはっきりしていて、そのへんをなんとかしないとローテーションでは投げられない。(左ふくらはぎを打撲している井上は代打の1打席のみで交代したのは)まだ守備できるまでいっていない。今日はDHとも思ったが、そこまで回復していない。明日も状況を見て(起用法を)決めたい。なかなかメンバーがそろわないですね。加藤も腰に張りがあるのでスタメンでいけない。そのへんを我慢していかなければならない。(打線はチャンスはつくり)いい形で攻めていたが、大量点になるかが、こっちと向こうの差だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月18日のニュース