中日・柳はプロ入り初の満塁弾浴び、6回途中5失点「雰囲気を壊してしまった」

[ 2020年9月18日 20:31 ]

セ・リーグ   中日―阪神 ( 2020年9月18日    ナゴヤD )

<中・神>6回無死満塁、逆転満塁ホームランを打たれ降板となり、ガックリとベンチに戻る柳(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日の先発・柳はプロ入り初の満塁弾を浴びるなど、6回途中5失点で降板し「チームの雰囲気を壊してしまって申し訳ないです」とうなだれた。

 初回1死から陽川に先制弾を被弾も2回から5回までは無安打投球。

 だが、3―1の6回に落とし穴が待っていた。陽川、糸原に連打を浴びると、サンズには死球を与え無死満塁。打席の大山へ2ボール1ストライクからの4球目、カットボールが甘く入り、左翼席へ運ばれた。

 打球の行方を見届けると、マウンド上でがっくり。10秒近くうなだれたまま、前を向くことができなかった。

 そのまま交代を告げられると、ベンチに戻っても帽子で顔を隠し落胆の色を見せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月18日のニュース