阪神・梅野は右腹斜筋の筋挫傷 離脱前に「最短でチームに戻る」と決意

[ 2020年9月18日 16:05 ]

17日の巨人戦2回2死、阪神・サンズの適時打で生還するも、右脇腹を気にして苦しげな表情を浮かべる梅野(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 阪神の梅野隆太郎が18日、出場選手登録を抹消された。前日、都内の病院を受診しており、球団は「右腹斜筋の筋挫傷」と発表。チームを離れて近日中に2軍に合流する見込みだ。

 梅野は球団の代理取材に応じ、離脱前にコメントを残した。患部の状態については「自分としても初めて痛めた箇所なので、よく分からないというのが正直なところ。チームに迷惑をかけてしまいますが、治療を優先させていただくことになりました」と説明。今後に向けては「最短でチームに戻るためにも、しっかり向き合ってやっていきたい。ファンの皆さまにはまた応援してもらえるように、1日でも早く1軍に戻って活躍する姿をお見せできるようにしたい」と早期復帰を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月18日のニュース