巨人 内野手の増田大 11点差とされブルペン待機も登板せず

[ 2020年9月18日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人0―11阪神 ( 2020年9月17日    東京D )

8月6日の阪神戦、8回途中からマウンドに上がった巨人の増田大内野手
Photo By スポニチ

 巨人内野手の増田大がブルペン待機した。0―7の9回、3番手・田中豊が味方の2失策も絡み4失点し11点差となるとブルペンへ向かい、準備した。結局、荒木を三邪飛に打ち取り、8月6日阪神戦(甲子園)以来の登板はなかった。

 宮本投手チーフコーチは、この回に50球を投げた田中豊の体調を考慮し「無理をさせてはいけないと思い、原監督のお気遣いで(増田大に)ブルペンに行ってもらった」と説明した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月18日のニュース