ソフトバンク・中村晃 天国の川村氏に感謝の通算1000安打「僕の体を大きくしてくれた」

[ 2020年9月18日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク2―1日本ハム ( 2020年9月17日    札幌D )

<日・ソ>お立ち台後、1000安打のボードを掲げる中村晃(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 天国に届ける、節目の一打だった。0―0の9回無死一塁。送りバントを試みたソフトバンク・中村晃が2度、ファウルで追い込まれた。強攻に切り替え、6球目の直球を捉えた打球を三塁手・石井がはじいた。三塁内野安打で通算1000安打を達成した。

 「バントを失敗した後だったので何とか走者を進める打撃をしようと思った。どんな時も使ってくれた監督、僕に関わる全ての人に感謝したい」と、983試合目での到達を喜んだ。

 16日に急死した3軍コンディショニング担当の川村隆史氏とは、昨春キャンプ中に球団の公式インスタグラムでユニークなダンス動画で競演。ファンの間で話題になった。「正直、まだ信じられない。ショックだし、悔しい。僕の体を大きくしてくれたのは川村さんの指導だし、今戦えているのはそのおかげ」と、しみじみと言った。9年前の5月7日にプロ初打席に立った思い出の地、札幌ドームで「素直にうれしい」と振り返った。

 工藤監督は「ヒット(のランプ)が付いた時はベンチが大騒ぎでした」と、グラシアルの決勝打を呼び込む大きな一打を喜んだ。今季から選手会長を務める中村晃は「川村さんが望むことは僕たちが元気に野球をして、明るい姿を見せていくこと。つらいですけど、みんなで川村さんの分も頑張って生きたい」と前を向いた。

 ▽中村晃(ソフトバンク)通算1000安打 17日の日本ハム18回戦(札幌ドーム)の9回に上原から三塁内野安打を放って達成。プロ野球308人目。初安打は11年5月10日のオリックス戦で寺原から。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月18日のニュース