「得点圏の鬼」だ!楽天・渡辺佳2適時打 勝負強さ光る.545

[ 2020年9月18日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天5―4オリックス ( 2020年9月17日    ほっと神戸 )

<オ・楽>6回、適時三塁打を放ち滑り込む渡辺佳(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 「得点圏の鬼」が3安打2打点の活躍で連敗を3で止めた。楽天2年目の渡辺佳が4回に左前適時打。32イニングぶりの適時打となり、6回にも左中間へ適時三塁打を放ち「結果を出さないといけない立場。チャンスをものにしたかった」と胸を張った。

 1年目は得点圏打率.393で、今季も.545と勝負強さが光る。打線の攻撃力が下降気味なだけに「得点圏での打率を武器にして、いいところで使ってもらいたい」と鼻息が荒い。勝率5割に復帰した三木監督も「(渡辺)佳明は強い心を持っている」と称えた。

 ▼楽天・松井(先発して5回8安打2失点で2勝目)毎回、ヒットを打たれて苦しい投球だった。チームメートに白星をプレゼントしてもらった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月18日のニュース