阪神・原口、きょう18日にも1軍昇格か

[ 2020年9月18日 10:33 ]

阪神・原口
Photo By スポニチ

 阪神・原口文仁捕手(28)のきょう18日の1軍昇格が有力になった。

 この日2軍はウエスタンリーグ、中日戦が12時30から甲子園球場で行われる予定だが、甲子園球場にも2軍施設鳴尾浜での残留練習にも姿を現さなかった。

 1軍では17試合に出場し、21打数3安打で打率・143と結果を残せず、8月17日に出場選手登録を抹消された。しかし、2軍では24試合に出場し、83打数30安打で打率・361と好調をキープ。9日の同オリックス戦後には、平田2軍監督も「いつでも(1軍に)いけるような準備はしている」と話をしていた。

 1軍は前日17日の巨人戦で、梅野が右脇腹の張りを訴え、2回に途中交代した。試合後には球団広報が、痛めた箇所と都内の病院を受診したことを発表。患部の位置からして無理をさせることが難しいと思われ、出場選手登録を抹消される可能性も出ていた。

 苦しい連戦が続くチーム状況だけに、1軍昇格後もファーム同様の活躍が期待される。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月18日のニュース