阪神・梅野 離脱の可能性 右脇腹張りで2回から交代 原口の昇格が有力

[ 2020年9月18日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神11-0巨人 ( 2020年9月17日    東京ドーム )

<巨・神(16)>2回2死、サンズの適時打で生還するも、右脇腹を気にして苦しげな表情を浮かべる梅野(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 阪神・梅野が「右脇腹の張り」で2回の守備から退いた。

 試合後に球団広報が、痛めた箇所と都内の病院を受診したことを発表。矢野監督は「試合にあのまま出させるのは、俺の中ではやめた方がいいという判断。(現段階で)俺の中で言えることはない」と話すにとどめたが、患部の位置からして無理をさせることが難しく、18日に出場選手登録を抹消される可能性も出てきた。
 
 「2番捕手」で先発。2回の第2打席で四球で出塁し糸原の左前打で二進。サンズの中前打で生還した直後に異常を訴えたもようで、そのままトレーナーとベンチ裏に引き揚げる姿がテレビ画面にも映し出された。ここまで71試合に出場し攻守でチームをけん引。離脱となれば大きなマイナスとなる。
 
一方で、有事に備え原口の昇格が有力視される。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月18日のニュース