ロッテ・荻野が一発、福田秀2安打 関西独立L選抜との練習試合で実戦復帰

[ 2020年9月18日 16:29 ]

ロッテの福田秀
Photo By スポニチ

 故障で2軍調整中のロッテ・荻野と福田秀が18日、関西独立リーグ選抜との練習試合(ロッテ浦和)にスタメン出場した。

 右大腿二頭筋を痛めている荻野は「3番・DH」で出場し、左越え2ランを放つなど3打数1安打2打点。「足の状態はよくなっています。まずはDHからとなりましたが早く守備についてフル出場できるようにしていきたいです。そして1日でも早く1軍に上がれるように頑張っていきたいと思います」とコメントした。

 右恥骨筋損傷から復帰を目指す福田秀は「2番・中堅」で2打数2安打1打点、1四球と上々の内容。「思ったよりも時間がかかってしまいましたがこれからしっかりと2軍でアピールをして1軍に呼んでもらえるように頑張りたいです」と早期復帰をアピールした。

 報告を受けた井口監督は「2人とも無事に出て、貴司(荻野)は走塁機会なかったけれど、DHでこなして、秀平(福田)もヒット打って走塁機会もあった。順調に来ていると思います。秀平の方が早いかなと思う。来週あたり合流できたらなと思います」と今後の見通しを明かした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月18日のニュース