DeNA 連敗止め再び貯金生活、ラミレス監督 本拠でG戦今季初勝利に「非常に大きい」も気引き締め

[ 2020年9月18日 21:29 ]

セ・リーグ   DeNA6―0巨人 ( 2020年9月18日    横浜 )

<D・巨>DeNA先発の井納(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAは連敗を2で止め、貯金を1とした。

 先発の井納が6回2安打無失点の快投。救援陣もゼロ封リレーを見せた。打線はオースティンが3回に22打席ぶりの安打となる6号3ランを放つなど、投打がガッチリかみ合った。本拠地での相性の良さから、この日3番に据えた助っ人が結果を出し、ラミレス監督も「彼もだいぶ自信を取り戻すと思う。3番にするタイミングとしてはベストだったと思うし、ここから上昇気流に乗っていけると思う」とうなずいた。

 本拠地での巨人戦は今季初勝利。「ベリーハッピー。非常に大きい勝利」と喜んだラミレス監督は「もちろん、まだシーズンが終わったわけでないので、明日が凄く大事になる。この勢いを止めるわけにはいかないし、しっかり準備して明日勝つことが重要」と語気を強めた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月18日のニュース