ダル圧巻3勝目 ノーヒッターならずも7回1安打1失点 今季初2桁11K カ軍3連勝で2桁貯金一番乗り

[ 2020年8月14日 11:20 ]

ナ・リーグ   カブス4―2ブルワーズ ( 2020年8月13日    シカゴ )

<カブス・ブリュワーズ>力投するカブスの先発・ダルビッシュ有(AP)
Photo By AP

 カブスのダルビッシュ有投手(33)が13日(日本時間14日)、本拠地・シカゴでのブリュワーズ戦に今季4度目の先発登板。7回104球を投げ1安打1失点、今季初2桁となる毎回の11奪三振の快投を見せ、今季3勝目を挙げた。チームは4―2で勝利し3連勝、貯金10として2ケタ貯金メジャー一番乗りし、ナ・リーグ中地区の首位を独走している。

 ノーヒットノーランかという快投を見せた。初回に2三振を奪って無失点で立ち上がると、2回以降も奪三振ショーを展開。ストライクを先行させて追い込み、多彩な変化球で三振を山を築いていった。6回まで92球を投げて、無安打3四死球で無失点。ノーヒッターが視野に入ってきた7回、先頭のガルシアを空振り三振に仕留めたが、スモークに右越え本塁打を被弾。続くナルバエスを空振り三振、ギャメルを左飛に抑えて降板した。

 前回登板の5日(同6日)のロイヤルズ戦では、7回93球を投げ5安打1失点で、今季2勝目を挙げていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月14日のニュース