中日 投打振るわず完敗、与田監督は4回3失点の先発・松葉に「ボール先行目立った」

[ 2020年8月14日 21:09 ]

セ・リーグ   中日1―6巨人 ( 2020年8月14日    東京D )

<巨・中>3回2死一塁、ウィーラーに2ランを浴びた松葉(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 中日は投打ともに振るわず完敗を喫した。

 先発・松葉がウィーラーに2ランを許すなど4回3失点で3敗目。3番手・ゴンサレスも6回に中島に3ランを浴びた。

 与田監督は先発左腕について「際どいところをうまくストライクが取れなかったところもあったが、ボール先行という場面が目立った気がする」と指摘した。

 打線も5回2死一、二塁でアルモンテが空振り三振に倒れるなど、相手先発・戸郷に6回途中まで4安打と苦しめられた。

 0―3の6回2死一、三塁では高橋が代わったばかりの大江に二ゴロに打ち取られ、無得点。8回に福田の右犠飛で零封負けを阻止するのがやっとだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月14日のニュース