楽天・則本昂が3回6失点の大炎上 6戦連続で勝ち星なく「申し訳ない」

[ 2020年8月14日 21:22 ]

パ・リーグ   楽天―西武 ( 2020年8月14日    メットライフD )

<西・楽>2回2死二塁、外崎に同点左前適時打を打たれ悔しがる則本昂(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 楽天のエース・則本昂大投手が14日の西武戦に先発し、3回6安打6失点の大乱調だった。

 初回に3本の長短打に失策も絡み、いきなり3失点。打線が逆転に成功した直後の2回も2点を失い、3回はメヒアに左越えソロを被弾。立ち直るきっかけをつかめないまま降板となった。

 7月3日のロッテ戦(楽天生命パーク)を最後に白星から遠ざかっており、自身3連敗中だった。6戦ぶりの勝利を目指したが、打線の大量援護を生かせず。降板後は「援護してもらったのに申し訳ないです。それだけです」とコメントした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月14日のニュース