【ファーム情報】オリックス 両軍30安打の乱打戦制す、ソフトB・デスパ&グラシアルが復帰

[ 2020年8月14日 22:09 ]

 プロ野球のファームは14日、イースタン、ウエスタン両リーグでナイターも含めて計5試合が行われた。

 ソフトバンクはナイターの広島戦(タマスタ筑後)に1―0。新型コロナウイルスの感染拡大によりキューバからの来日が遅れていたデスパイネ、グラシアルが実戦復帰。3回1死でグラシアルが右翼線適時二塁打を放ち1安打1打点。この1点を3投手の継投で守った。先発・武田は7回7安打無失点の好投で1勝目(1敗1セーブ)。広島先発・山口は5回2/3を4安打1失点で3敗目。

 中日―オリックス戦(ナゴヤ)は両チーム合わせて30安打が飛び交う乱打戦のすえにオリックスが13―11で勝利。杉本が2回に先制の2号ソロ。西野、育成選手の佐藤優が3安打を放った。先発・山岡は6回10安打6失点(自責5)。中日は石垣が4安打1打点で渡辺、石橋が3安打2打点。先発・小熊は3回2/3を5安打3失点。

 DeNAはナイターの楽天戦(横須賀)に2―1。先発・上茶谷は4回4安打1失点。楽天先発・石橋は4回2安打無失点の好投だった。村林、山下がともに2安打。

 ヤクルトは巨人戦(ジャイアンツ)に6―3。先発・坂本は3回2安打1失点で、3番手・蔵本が2/3回を無安打無失点で2勝目。田代が5回の2号ソロなど2安打を放った。太田が3安打2打点。巨人先発・野上は5回9安打3失点。

 ロッテは日本ハム戦(ロッテ浦和)に延長10回、4―3でサヨナラ勝ち。最後は2死満塁から細谷が押し出し四球を選んだ。平沢が4回に1号2ラン。先発の育成選手・大嶺は5回3安打2失点だった。日本ハム先発のドラフト2位・立野(東海理化)は7回8安打3失点で9奪三振。4回に清水が1号ソロ。万波が6回の3号ソロなど2安打2打点。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月14日のニュース