エンゼルス・大谷 苦手右腕相手に無安打 4試合マルチ安打ならず

[ 2020年8月14日 02:30 ]

ア・リーグ   エンゼルス4―8アスレチックス ( 2020年8月12日    アナハイム )

<エンゼルス・アスレチックス>この日、無安打に終わった大谷(AP)
Photo By AP

 「5番・DH」で出場したエンゼルス・大谷は自身初の4試合連続マルチ安打を逃した。相性の良くない先発右腕バジットに2打数無安打で通算10打数1安打。バジット交代後も四球と平凡な左飛に倒れた。

 試合前、アスレチックスのボブ・メルビン監督が「レンドンの後に大谷がいてプホルスが控えている。攻略するにはタフな打順」と警戒していた打線もつながりを欠き、3連勝はならなかった。(笹田 幸嗣通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月14日のニュース