ロッテ 田村だ!福田秀だ!マーティンだ!1イニング3発 大逆転勝ちで3位キープ

[ 2020年8月14日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ8―6日本ハム ( 2020年8月13日    ZOZOマリン )

<ロ・日>5回、福田秀が右越えソロ(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 ソロ、ソロ、ソロ、の1イニング3本塁打。試合前には夕立の後に虹が架かったZOZOマリンで、ロッテが真夏の花火大会だ。着火したのは田村。4点を追う5回無死で1号ソロを左中間へ運ぶと、1死から福田秀が続いた。右翼に2号ソロ。FA移籍後、待望の本拠地初アーチとなった。

 「今までチームに迷惑を掛けてきた。本塁打を1本打てて勝てて良かった」。新天地。開幕2戦目から右肩甲骨の亀裂骨折で約1カ月、戦線を離脱した。開幕戦では1番打者として出場し、この日も1番でマルチ安打。長かった雌伏の時を経て本来のポジションに戻り、井口監督も「(福田)秀平が1番にいないとチームとして回っていかない」と、リードオフマンとして大きな信頼を寄せている。

 さらに2死後には女優の広瀬アリス似で話題を集めるマーティンが、ここ6戦5発となる中堅への13号ソロ。1イニング3発は昨年7月25日のソフトバンク戦の4回に中村奨、レアード、井上が記録して以来だ。これで1点差とし、7回に敵失などで3点を勝ち越して大逆転勝利。チームは3位の座をキープした。(鈴木 勝巳)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月14日のニュース