日本ハム先発・北浦 1回持たず、5失点KO「申し訳ない」チームは勝率5割逆戻り

[ 2020年8月14日 21:49 ]

パ・リーグ   日本ハム5―12ロッテ ( 2020年8月14日    ZOZO )

<ロ・日>初回、渡辺の悪送球で5点目を失ったところで北浦は降板(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 今季初登板となった日本ハムの先発・北浦が大乱調で1回持たずに降板した。先頭・福田秀にバットを折りながら不運な二塁打内野安打されると、そこから4連打。さらに犠飛の後に連打を浴び、1/3回5失点KOとなった。走者を背負ってから球威が落ちるなど課題が残った登板。北浦は「久しぶりに1軍で登板する機会をいただいたにも関わらず、試合を作ることが出来ず申し訳ない気持ちでいっぱいです。今日見つかった課題を一つ一つクリアしていけるように必死に練習したい」と出直しを誓った。チームは連敗で勝率5割に逆戻りした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月14日のニュース