広島・大瀬良 西勇との再戦に意欲「チーム勢いづけるのが使命」 沖縄海塩「ぬちまーす」で酷暑乗り切る

[ 2020年8月14日 05:30 ]

<広島練習>笑顔を見せる大瀬良 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島・大瀬良が本拠地で調整し、チームを逆襲に導く快投を誓った。15日の阪神戦に先発予定。前回8日に投手戦を演じた西勇との再戦に向け「素晴らしい投手に投げ勝って、チームを勢いづけるのが今の使命だと思う」と力を込めた。

 調整を変えた。2年前から登板3日前に行っていたブルペンでの投球練習を、2日前に変更して37球。体への負担を考慮した酷暑対策で「次のブルペンまでの間を空けて疲労を取り、頭の中で描くフォームで投げられるように」と説明する。

 力を引き出す支えもある。ミネラル豊富な沖縄の海塩「ぬちまーす」で、自ら取り寄せて前回登板から摂取したという。「1試合で5リットル飲んだ。(足が)つる気配や蒸し暑さがなく、効果があるかな…と」。創意工夫する大黒柱。投球でチームをけん引する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月14日のニュース