レイズ・筒香 メジャー2度目のマルチ安打!2打点!チーム6連勝に貢献

[ 2020年8月14日 09:16 ]

ア・リーグ   レイズ17―8レッドソックス ( 2020年8月13日    ボストン )

<レッドソックス・レイズ>6回無死一塁から右前打を放つレイズ・筒香(AP)
Photo By AP

 レイズの筒香嘉智外野手(28)が13日(日本時間14日)、敵地・ボストンでのレッドソックス戦に「8番・左翼」で先発出場。3回に右前適時打を放つなど、今季2度目のマルチ安打となる5打数2安打2打点と活躍。チームは17―8で勝利し6連勝した。

 2回無死からの第1打席は先発左腕ハートと対戦し空振り三振したが、3回無死一、三塁からの第2打席で2試合連続安打となる右前適時打。2番手右腕バルデスと対戦した4回1死二、三塁からの第3打席で右犠飛し、3番手右腕ウォルデンと対戦した6回無死一塁からの第4打席は右前打。
7月28日(同29日)のインターリーグ、ブレーブス戦で2安打を記録して以来メジャー2度目のマルチ安打をマークした。

 4番手左腕オシチと対戦した7回2死一、三塁からの第5打席は空振り三振、7番手右腕プラウィッキと対戦した9回2死一、三塁からの第6打席は右飛だった。

 前日12日(同13日)の同カードでは、3回に開幕戦以来の本塁打となる2号右越え2ランを放つなどし、チームの5連勝に貢献していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月14日のニュース