DeNA 好調神里が追加点「打ち損じることなく捉えることができました」

[ 2020年8月14日 19:22 ]

セ・リーグ   DeNA―ヤクルト ( 2020年8月14日    横浜 )

<D・ヤ>2回2死二塁、神里は左適時二塁打を放つ(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 打撃好調のDeNA・神里和毅外野手がまた打った。

 2戦連続で1番に座ると、1―0の2回2死二塁から外角球を左中間に運ぶ適時二塁打。貴重な追加点に「バッティングカウントで取りにきたボールを打ち損じることなく捉えることができました。大貫が一発でバントを決めてくれたので、追加点を奪うため強い気持ちで打席に向かいました」と笑った。

 初回の第1打席では四球を選び、二盗にも成功。佐野の適時打で先制のホームを踏んだ。8月4日に先発起用されてから13日まで、8試合に出場して打率・429と好調をキープしている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月14日のニュース