Y校“ジャンボ2世”笹川 3盗塁、2得点と足で魅せた!

[ 2020年8月14日 05:30 ]

神奈川大会4回戦   横浜商5―0川和 ( 2020年8月13日    サーティーフォー保土ケ谷 )

<横浜商・川和>5回無死、左前打を放つ笹川(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 横浜商が5―0の完勝で川和を下し、4回戦を突破した。1メートル93の二刀流として注目を集める笹川吉康(3年)は「3番・中堅」で出場。持ち前の打撃では2安打を放ったが、この日は3盗塁、2得点と足でも魅せた。

 「登板の予定がなく打撃に集中した。チャンスで打てて良かったです」と笹川。今大会は最速140キロを誇る長身左腕と強打の二刀流として結果を残し、「Y校」の愛称で親しまれる同校を79年夏の甲子園ベスト4に導いた「ジャンボ」宮城弘明氏の再来とも呼ばれている。巨体ながら50メートル6秒2と俊足で「自分が走らなければ誰が走るのかと思っている」と積極走塁も持ち味。約1メートル20の長い足がスピードに乗ると止められない。球速も足も速い「ジャンボ2世」が頂点目指して走り続ける。(柳内 遼平)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月14日のニュース