慶大・萩尾 史上26人目初打席弾!!瀬戸西主将も4安打で打率トップタイ

[ 2020年8月14日 05:30 ]

東京六大学野球春季リーグ・第4日   慶大11―2明大 ( 2020年8月13日    神宮 )

<明大・慶大>2回無死、先制右越えソロを放つ慶大・萩尾(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 5番で初出場となった慶大の萩尾が2回にリーグ史上26人目の初打席アーチとなる右越えソロ。快挙を達成して「初打席だったので割り切って自分のスイングをしようと打席に入った」と胸を張った。

 瀬戸西主将も4安打と固め打ちし、14打数7安打の打率・500で打率トップタイ。伝統の一戦に向けて弾みをつけ「意識しすぎずに、きっちりやるべきことをやって勝ちたい」と静かに闘志を燃やした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月14日のニュース