阪神・ボーアの心配事「ハイタッチしたら、くっついちゃう」

[ 2020年7月10日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神2-1巨人 ( 2020年7月9日    甲子園 )

滑り止めでべとべとになったボーアのヘルメット
Photo By スポニチ

 【記者フリートーク】ボーアにはその豪快な打撃、デッカい体にはとても似合わない小さな心配事があった。

 「ハイタッチしたら、くっついちゃうぐらいだよ」

 手袋をせず素手でバットを握るため、人よりも大量の滑り止めをぬる。なのでホームランを打ってベンチでハイタッチをすると、チームメートの手をベタベタにしてしまうのではないかと気にしていたのだ。ヘルメットやグラブなど触ったところが変色しており、そんなことを気にするあたりに人柄がにじむ。

ところが今は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、“エア”ハイタッチしかできない。でも、こ~んな活躍をしてくれるのなら、チームメートは喜んでベタベタになってくれると思いますよ。(阪神担当・長谷川凡記)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月10日のニュース