巨人 原監督「悪川君」を熱血指導も…今季最少タイ3安打の打線に奮起促す

[ 2020年7月10日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人1―2阪神 ( 2020年7月9日    甲子園 )

<神・巨(4)>7回、投手交代を告げ、厳しい表情でベンチに戻る原監督(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人打線が今季最少タイの3安打で初の2連敗。長嶋茂雄終身名誉監督を超える監督通算1035勝目は持ち越しとなった原監督は通算7試合目で阪神に初黒星を喫した6回2/3、2失点のメルセデスを高評価し、一方でガルシアに6回まで1安打の打線に「1本じゃねえ、なかなか」と奮起を促した。

 試合前には吉川尚に熱血指導。「(今の状態では)悪川君。吉川君にならなきゃ」と語っていた。その吉川尚は8回に代打で起用も空振り三振だった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月10日のニュース