大谷 2日連続軽めの調整、室内で打撃練習など

[ 2020年7月10日 15:57 ]

球場入りするエンゼルス・大谷
Photo By 共同

 エンゼルスの大谷翔平投手(26)が9日(日本時間10日)、本拠地の屋内施設で有酸素運動のメニューをこなし、室内打撃ケージで打撃練習を行い、2時間ほどで球場を後にした。

 エ軍主力選手にとっては2日連続で紅白戦を戦い、この日は軽めの練習。大谷は2日連続でグラウンドには姿を現さなかった。ジョー・マドン監督は軽めの練習について「3日連続は避けたかった。そこは我々がコントロールできること」と説明した。

 また、大リーグ機構(MLB)は早くも2021年シーズンの日程を発表。全30球団が4月1日(2日)に開幕を迎え、エ軍はチーム創設60周年の記念のシーズンとなり、本拠地でホワイトソックスと対戦する。(アナハイム・奥田秀樹通信員)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月10日のニュース