阪神―DeNAは5回表終了後に降雨コールド成立 阪神が観客動員の試合を制して4連勝

[ 2020年7月10日 20:02 ]

セ・リーグ   阪神3―2DeNA ( 2020年7月10日    甲子園 )

<神・D>有観客の甲子園で力投する青柳(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神―DeNAは試合途中から強まった雨の影響で、5回表終了後に降雨コールドが成立。今季初めて観客を動員して行われた試合は阪神が3―2で勝利し、4連勝を果たした。

 初回に先発の青柳が梶谷に先頭打者弾を浴び1点を先制されたが、直後に近本がDeNA先発・大貫からバックスクリーン右への2号ソロ本塁打を放ちすぐさま同点に追いつくと、続く糸原が三塁打を放ち、糸井の遊ゴロの間に生還し逆転。さらに4番・大山が左翼に3号ソロ本塁打を放ちこの回3点目で大貫をこの回限りで降板に追いやった。

 先発の青柳は回を追うごとに雨脚が強まる悪条件の中で、粘りの投球を披露。5回2死二塁から梶谷に左適時打を浴び1点差に迫られるも、続くソトを空振り三振に仕留めて追撃は許さなかった。試合が成立した直後の5回裏、一度はDeNAナインが守備に付いたが審判団が中断を決断。24分の中断を挟み、午後8時に降雨コールドが成立した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月10日のニュース