阪神・青柳 先頭打者アーチを浴びる 観戦解禁の虎党いきなりため息

[ 2020年7月10日 18:11 ]

セ・リーグ   阪神―DeNA ( 2020年7月10日    甲子園 )

<神・D>初回無死、梶谷に右越えに先制のソロ本塁打を浴びた青柳(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 阪神先発の青柳が先頭打者ホームランを浴び、先制点を許した。

 DeNAの梶谷に対して、1ボール1ストライクから3球目のカットボールを右翼スタンドに運ばれた。よもやの先制パンチに、この日から入場した甲子園の虎党からはため息がもれた。だが後続は打ち取り、観衆はアウトを取る度に拍手やメガホンを叩き歓声を送った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月10日のニュース